看護師の副業事情

副業を始める前に看護師ならではの確認しておきたいこと

看護師は副業OK?それともNG?

看護師は副業OK?それともNG?

副業について
LINEで送る
Pocket

収入を増やしたい時

日々、生活していく上で大切なお金。そのためには、仕事をして収入を得る必要があります。ところが、仕事も続けているうちに「もっと収入を増やしたいな」と思う瞬間に出会うことがあります。生活環境の変化や欲しいものが増えたなど、理由は人それぞれです。
医療系の仕事の中でも、比較的給料が高いと思われているのが看護師。初任給で比べると一般職種より高いと言えますが、勤続年数で比べると一般職種の方が年収が高くなります。夜間の勤務がある場合は、夜勤手当がつくので基本給にプラスされますが、経験などによっての昇給はほとんど見込めないからです。「看護師は稼げる」と世間では思われていますが、それは勤め始めの若い時期に限られます。ほんの数年間だけのことなのです。
そこで収入を上げたい場合は、方法として2つ考えられます。1つ目は、給料が高い職場への転職。2つ目は、看護師をしながらの副業。転職はリスクが高いと判断した時には、副業を選択するでしょう。そこで「看護師は副業が許されるの?」という疑問が浮かびます。看護師の副業の決まりについて、確認していきましょう。

看護師って副業していいの?

「看護師として働いた上で、副業をすればプラスで収入が得られるし、やってみたい!」と副業に希望を持つ人も多くいらっしゃるでしょう。しかし、看護師は働いている病院によって、副業が違法になる場合もあるので、気をつけなければなりません。働いている病院が、「国立・公立病院」なのか「私立病院」なのかによって違いがあるのです。

副業に対する違い

国立病院で採用されて働いている看護師は、国家公務員法により「一部の例外を除き原則、副業は禁止」されています。公立病院も、自治体が経営しているので、地方公務員法により副業は禁止されているのです。公立病院で働いている場合には、公務員になります。市役所で働いている職員同様、原則として副業をしてはいけません。例外として認められている副業として、不動産の賃貸、相続した農地で行う農業、太陽光発電販売、職務とは利害関係がなく仕事に影響がないと認められた業種などに限定されています。そして副業を始める時には、病院からの許可をもらわなければなりません。そのため、公立病院で看護師をしながら副業しようと考えている人は、必ず事前に確認を行いましょう。
私立病院の場合は、副業が法律によって禁止されてはいませんが、病院の就業規則で禁止されていることもありますので、就業規則を必ず確認しましょう。副業は禁止されていないものの、上司の許可を取らなければいけない場合や条件付きで認められている場合などもあります。その時もきちんと確認し、許可を取ってから始めるようにしましょう。

収入をアップしたい人におすすめ!

勤務先を変えて収入をアップさせよう!
勤務先を変えて収入をアップさせよう!

看護師の仕事をしながら副業をして収入アップも可能ですが、高収入を狙える職場への転職も良い選択です。実務経験を活かして、給料の良い職場への転職をしましょう。転職の際に、ポイントとすべきことを紹介します。続きはこちら

女性に人気の「ブログライター」
女性に人気の「ブログライター」

様々なコミュニケーションツールが増え、ブログも定番化してきました。このブログの記事を執筆する仕事が「ブログライター」。女性の副業として人気が高くなっています。生活スタイルに合わせた仕事の仕方が可能です。続きはこちら

副業は女性の方が意識している?
副業は女性の方が意識している?

世の中の副業事情から、女性の方が副業に対する意識が高いことが分かります。副業の経験に関する調査、副収入の使い道、副業の目的などを男女の違いから、詳しく見ていきます。企業の副業に対する考え方も紹介します。続きはこちら